サービスも大事

信頼のある業者に

間取り図

藤沢市内の業者にリフォームを頼む際には、これから行うリフォーム工事にぴったりあった施工業者に任せるようにしましょう。
例えば水回りやお風呂の工事を行う際には、水回り専門の工事業者に。
外壁塗装や屋根の改装を行う場合には防水工事の業者や、塗装専門の業者に依頼すると、満足の行くクオリティの工事が受けられるのです。
リフォーム工事で内装の工事をする場合には、様々な工事方法があるのでとりあえず気になった業者に対して見積もりを出してもらうのも良いでしょう。
藤沢市内のリフォームを専門業者に依頼するメリットは大きく、素人では出来ない改修工事から簡単な工事までをお手頃な価格で引き受けてくれます。
また依頼するポイントとしては建設業免許の有無や、建築工事保険に損害賠償保険に加入している業者を選択することで、何かあった場合にも保険でカバーしてもらうことが可能です。
見積もりに来た時にそれらは聞くことが出来ますから、遠慮無く質問をしましょう。
また見積もり担当のスタッフのサービス説明や提案力の有無についても着目しましょう。
提案力のある工事業者というのは自社の工事に対して絶対的な自信を持っているので、完成後のクオリティについても期待が持てるのです。
そして意外と見落としがちなのが工事後のアフターサービスです。
工事後にトラブルがあってもアフターサービスがあれば追加工事で対応を行ってくれます。
藤沢市内のリフォーム業者では施工実績が豊富な大手から中小業者までいろいろあるので、これから藤沢でリフォームをされる場合にはサービスや工事内容から選ぶようにしましょう。

水栓の選び方とは

リフォーム

マンションや一戸建て住宅が、藤沢市には多く建てられています。
人気の小名寝リアに位置する藤沢市は、生活しやすい街として人気です。
藤沢市の中でも湘南台エリアは、大型ショッピングセンターが出店している事もあり、若いファミリー層がマイホームを持つのに選ばれています。
マイホームを手に入れた後は、住みやすさを維持する為にも定期的なリフォームが必要です。
リフォームと聞くと間取りを変更したり、壁紙やフローリングを張りかえる、トイレやお風呂を交換するなど大掛かりな工事をイメージするかもしれません。
このようなリフォームも重要になりますが、普段は気にする事が少ない小さな部分も、やがてリフォームが必要となります。
洗面台の水栓もその1つです。
洗面台の水栓は約10年程度が、寿命と言われているので新築時から10年たった住まいの場合、水栓を交換するリフォームを行う必要性があります。
水栓といっても種類は様々です。
藤沢市で洗面台の水栓を取りかえるリフォームを行う場合、どのような種類があるのか、また選び方などをチェックしておきましょう。
水栓には大きく分けて、混合水栓と単水栓の2種類があります。
単水栓は水かお湯か、どちらかしか出ない水栓なので一般の住宅では、あまり使用されていません。
多くの場合は、混合水栓となります。
混合水栓の中でもお得と言われているのが、エコシングル水栓という種類です。
エコシングル水栓は4人家族の場合、年間ガス代を約1600円節約できます。
たった1600円と感じるかもしれませんが、10年間使い続けると節約できる金額は約1万6000円にもなるのです。
毎日使う洗面台、特にお湯を多く使うという住宅の場合、エコシングル水栓へリフォームするのも検討してみましょう。

断熱性能をアップしよう

模型

藤沢市は湘南の海に面している街です。
湘南エリアは気候が温暖で比較的、冬場の寒さは厳しくないと言われています。
ただ、藤沢市だけでなく全国的に見ても、夏の暑さは厳しくなっています。
藤沢市も夏場の気温が30度を超える、真夏日の日数が増え続けているようです。
冬場も暖房をつけても、床が冷たいと感じる事があるでしょう。
夏、エアコンの効きが悪い、冬場は暖房で部屋が温まり難いという場合、住宅の断熱工事が不十分かもしれません。
夏と冬という厳しい季節でも、快適に過ごせるマイホームにする為に、藤沢市でも断熱リフォームを考える必要があります。
断熱リフォームをする事によって、外気の熱が部屋に入り込むのを防ぐ、家電で冷やしたり温めた室内の空気が、外に逃げにくくなります。
このような状態を断熱リフォームで作る事によって、夏の暑さや冬の寒さをしのぎやすい環境を作れるのです。
断熱材リフォームは天井や壁、床下などに断熱材を設置する工事を行います。
この中で特に簡単に行えるのが、床下の断熱リフォームです。
床が傷んでない場合、床材を剥がす事なく断熱材を設置出来ます。
断熱材を設置するだけであれば、約20万円から30万円で施工が可能です。
床下に断熱材を入れた事によって、冬場のひんやりとした床面を解消出来るでしょう。
もし、床材が傷んでしまっている場合は、一緒に床材を取りかえるリフォームも行うのがおすすめです。
この場合は70万円から、120万円程度が費用の相場となっています。

安心して生活できる住まい

作業員

横浜でリフォームする際第一に考えることは、安心して生活ができる家にするということです。最近の住宅は高い気密性・断熱性を持っていますが、これがデメリットとなり、シックハウスや結露、カビを生じさせることになりました。天然素材を使用することで悪い因子を減らし、健康的な住まいになるはずです。

詳しくはこちら

サービスも大事

間取り図

藤沢市のリフォーム業者では家の内装工事から外装工事を受け付けているところまでいろいろなタイプの業者があります。提供しているサービスも工事の種類もそれぞれで違いますから、まず気に入ったと思える業者を探すのが最適です。

詳しくはこちら

隙間風を防げます

リフォーム

家の修繕を行う時には、静岡県のリフォーム会社に依頼すれば、壁の中に断熱材を入れてもらえますから隙間風が入ってくることもありません。また、雨漏りの原因になっている屋根と外壁の隙間も修復できますので、家の外と中の両方をリフォームできて便利です。

詳しくはこちら